RWC 2019スポットライト ― トンガ

 ラグビーワールドカップ2019日本大会へオセアニア2として予選突破を果たしたトンガについて、過去の大会での活躍を振り返ってみました。

 ラグビーワールドカップで戦う太平洋諸島の3か国の中で、トンガだけはまだプールステージ突破がありません。

 安定性とディシプリンを欠いて、トンガはここまでのワールドカップで3人の退場者を出した2チームのうちの一つであり、その性質ゆえにラグビー界最高の祭典でここまで強い印象を残すことができずにいます。

 しかしながら、このレベルでウェールズを破ったフィジーやサモアのように、RWC 2011大会ではフランスを下し、大会史上最大の衝撃の一つを演じた国でもあります。

 その時のフランスは、なんとか落ち着きを取り戻して決勝へ進出し、優勝寸前までいっています。それを見てもトンガの勝利の大きさが分かりますし、帰国時に国で英雄として迎えられて賞賛されましたが、それだけのことは成し遂げたと言えます。

不安定なスタート

 トンガがRWCで一勝を挙げるまでには6試合かかりました。1987年の第1回大会では全敗で、次の大会へは予選突破できませんでした。1995年大会ではフランス、スコットランドに大敗スタートで、ようやくコートジボワール戦で連敗を止めますが、WTB Max Brito選手が悲劇的な負傷を負ってしまうという、忘れられない試合になりました。

 1999年大会でトンガは、レスターのウェルフォード・ロードでイタリアに28-25の勝利を挙げて主要国からの勝利を挙げます。当時のチームはEpi Taione選手、Sililo Martens選手、Sateki Tuipulotu選手ら著名な選手を揃えていました。しかし、悲しいかな、他のプール2試合ではチームは力を発揮できず、ニュージーランドに9-45で敗れ、トゥイッケナムではイングランドの13トライの猛攻に遭い、10-101の大敗を喫して大会を終えました。

 RWC 2003年大会では初戦のイタリア戦を12-36で落とした後、トンガはウェールズの肝を冷やす戦いを見せて20-27で惜敗します。しかし、そこからトンガは下り坂となり、ニュージーランドに7-91で一蹴されると、カナダに7-24で敗れて大会を終えました。

 オーストラリアでは多くの点で残念なパフォーマンスになりましたが、それが変化を促すことになりました。2007年大会までに、トンガは過去最高のチームを集め、Finau Maka選手、Hale T Pole選手、Viliami Vaki選手、Nili Latu選手といった国際舞台で知られる正真正銘のスターが顔を揃えます。トンガはアメリカに自信に満ちた25-15の勝利で予選を始めると、サモアに19-15で競り勝って太平洋諸島のライバル勢に対して続いていた連敗を9で止めました。

 その勝利で予選突破したトンガは、ランスでの南アフリカとの大一番で、世界王者になるチームを相手に固唾をのむような立ち上がりを見せ、あわや番狂わせかという試合を演じます。PRのKisi Pulo選手が44分に衝突から持ち出して、トンガは10-7のリードを奪い、極めて重大な番狂わせを予感させます。しかし、南アフリカが持ち直して75分には30-22で先行。トンガはPierre Hola選手がPG 1本を返して、終盤の猛攻ではトンガがトライ寸前となり、劇的な勝利まであと1歩に迫りました。

 残念な結果ではあったものの屈服せず、トンガは自信を持って次のイングランドとのプール最終戦を迎えます。Sukanaivalu Hufanga選手が大会2本目のトライを決めて序盤で10-3のリードを奪い、素晴らしいスタートを切ります。当然ながらイングランドが反撃に出て、50分まで僅差の展開になります。しかし、最後はトンガに疲れが出て、Jonny Wilkinson選手の落ち着いたプレーでイングランドが36-20で勝利を手にしました。

大きな勝利

 トンガのRWC舞台での上昇傾向は、2011年ニュージーランド大会でも続き、ウェリントンでの騒動も相まって、プールAでフランスに19-14で競り勝ちます。再びHufanga選手のトライが決定打となり、赤のジャージに身を包んだ6000人の在留トンガ人がスタンドを埋めて声援を送った一戦は、忘れられないものになりました。両チームともプールステージを2勝ずつで終えましたが、ボーナスポイントでフランスが3、トンガは1で差がつき、フランスがオールブラックスに次ぐプール2位で準々決勝に進出しました。

 トンガが2007年と2011年大会で見せた上昇曲線は、残念ながら2015年イングランド大会では平坦になってしまいます。グロスターでの初戦で下位ランクのジョージアに10-17で敗れたのは、痛い結果でした。Fetu’u Vainikolo選手が自身15本目の代表戦トライを決めて、トンガのテストラグビーで最多得点者になりますが、ジョージアがMamuka Gorgodze 選手とGiorgi Tkhilaishvili選手のトライで得点を返して、良い結果にはつながりませんでした。

 トンガは初戦の負けから持ち直して、エクセターのサンディ・パークでナミビアを35-21という、トンガにとってはワールドカップの試合で最高のスコアで下しました。Telusa Veainu選手とJack Ram選手がそれぞれ2本ずつ、またLatiume Fosita選手が1本のトライを決め、’Ikele Tahiの愛称で呼ばれるトンガのテストラグビー99勝目を挙げました。

 続く対戦は初の国際舞台での顔合わせとなったアルゼンチンとでした。試合当日の平均年齢が31歳と38日というワールドカップ史上最年長のスコッドで、アルゼンチンとの極めて重要な一戦に臨み、Nili Latu選手は代表戦42試合目でトンガ最多キャップ選手になりました。Kurt Morath 選手とSione Tonga’uiha 選手という2人の30代選手のトライで、トンガは後半序盤で4点差リードでしたが、その後、アルゼンチンがペースを掴んで45-16で勝利を収めました。

 ニューカッスルのセント・ジェームズ・パークでのナイターで、トンガはニュージーランドと対戦し、序盤は好ゲームを見せますが、結局ゴールラインを超えることはできないまま、Ben Smith選手とTony Woodcock選手にトライを許し、前半を3-14で折り返します。Kurt Morath選手が前半の1本に続いて後半 2本のPGを決めますが、Nehe Milner-Skudderが2本、Sony Bill Williams選手、Sam Cane選手、テストマッチ100戦目のMa’a Nonu選手がそれぞれトライを決めて、オールブラックスが47-9の快勝で試合を終えました。

RECORD BREAKER

Kurt MorathはRWC 2015大会で73得点をマークし、Pierre Holaの持つトンガ代表のワールドカップでの歴代ポイント得点記録を塗り替えた。

HIGH POINT

 記念すべき日。RWC 2011ニュージーランド大会で、約6000人のファンがトンガの応援に駆け付け、赤と白を身に着けた大勢の人々がフランス戦の有名な19-14勝利を祝った。

LOW POINT

 101号室。規律を失って、トゥイッケナムでイングランドに10-101で大敗。太平洋諸島の人々は大会の序盤にサモアがウェールズを破ったような結果で再びのワールドカップ番狂わせを期待していたが、前半の3分間にカード3枚(レッドカード1枚、イエローカード2枚)を出して、チャンスを台無しにした。

こんなコメント

「今夜の勝利が、僕やトンガにいて応援している人々にとってどんな意味を持つか、あなたには分からないと思うが、トンガは今頃、大騒ぎだ」― トンガのIsitolo Maka監督が最高の勝利を手にして。

驚きの数字

 RWC2015大会のニュージーランド戦でノートライに抑えられて、大会での連続得点記録が17試合で終了した。

 トンガが受けたイエローカード11枚とレッドカード3枚は、RWC大会史上最多。