“希望と笑顔があふれるまち”釜石、そして北上でもウェブ・エリス・カップを公開!

7月25日(木) から28日(日)までの4日間、ラグビーワールドカップ優勝トロフィー“ウェブ・エリス・カップ”は岩手県を訪問しました。

 7月25日(木) から28日(日)までの4日間、ラグビーワールドカップ優勝トロフィー“ウェブ・エリス・カップ”は岩手県を訪問しました。

 

 初日となる25日は地元のテレビ番組のテレビ岩手「5きげんテレビ」と「ニュースプラス1いわて」のスタジオに登場!

 

 26日は伊藤剛臣アンバサダーとともに、釜石鵜住居復興スタジアムの近くにある、鵜住居小学校と釜石東中学校を訪問。

 そして、「パシフィック・ネーションズカップ」の日本代表対フィジー代表が行われた27日には、釜石市民ホールTETTOで一般の方々へも公開され、多くのファンが長い列を作り、記念撮影。無料で顔にペイントを施すコーナーも設けられ、頬に日の丸を描く方もたくさんいらっしゃいました。

 最終日となる28日には釜石市から北上市へ移動し、北上ラグビースクールを訪問。

 キラキラ輝く優勝トロフィーを前に、キャプテンの福原曖人くんは「このトロフィーを優勝したチームが掲げると思うと、触りたくなっちゃいます。ぜひ日本の選手に持ってもらいたいです!」と日本代表へ期待のコメント。

 おなじみとなった名所での記念撮影の場所は「釜石大観音」。釜石港を一望できる鎌崎半島の高台に建てられている観音像は展望台にもなっており、美しい釜石港、釜石のまちを堪能することができます。

釜石鵜住居復興スタジアムではフィジー対ウルグアイ、ナミビア対カナダの2試合が行われます。皆さん、ぜひ、“希望と笑顔があふれるまち”、釜石市へお越しください!

 

ラグビーワールドカップ2019トロフィーツアーの日程はhttps://www.rugbyworldcup.com/trophy-tour-japanをご覧ください。