ウェブ・エリス・カップが福岡上陸!待っていたのは前回大会の日本のヒーロー!

前週に大分県を訪問したウェブ・エリス・カップは、8月9日(金)から11日(日)にかけて、再び九州に上陸し、福岡県を訪問しました。

 前週に大分県を訪問したウェブ・エリス・カップは、8月9日(金)から11日(日)にかけて、再び九州に上陸し、福岡県を訪問しました。

 

 まず9日は福岡放送「めんたいワイド」のスタジオに登場。

 ウェブ・エリス・カップの特徴や3試合が行われる福岡での試合の見どころなどをご紹介頂きました。

 翌10日は旧福岡県公会堂貴賓館にて一般公開。

 850名を超える多くの皆様に優勝トロフィーと記念撮影を行って頂きました。

 最終日となる11日は宗像市まで移動し、玄海ジュニアラグビークラブを訪問。

 幼稚園から小学6年生までのスクール生、そしてその保護者を加えた約120名が強烈な存在感を放つ優勝トロフィーに熱い視線を送り、間近で見入ったり、記念撮影を行ったりするなどの時間を過ごしていました。

 そしてこの日はスペシャルゲストが!

 ラグビーワールドカップ2015イングランド大会の日本代表で、大会初戦の南アフリカ共和国戦では後半から途中出場し、試合終了間際、チームを勝利に導く劇的な逆転トライを決めた宗像サニックスブルースのカーン・ヘスケス選手がウェブ・エリス・カップとともに登場してくれました。

ヘスケス選手

 「初めてこんなに間近で(ウェブ・エリス・カップを)見ました。ぜひ日本代表に掲げてもらいたいですね。子どもたちもこんなに近くで見ることができて、一生忘れられない思い出になったことだと思います」

 

 そしてこのラグビークラブは日本代表の福岡堅樹選手の出身クラブということもあり、「僕も福岡選手みたいに足の速い選手になって、この優勝トロフィーをいつか触ってみたい」と話すスクール生もいました。

 

 ヘスケス選手が決めたあの劇的な逆転トライから約4年が経過。

 あと約1か月でいよいよ大会の幕が開けます。

 ラグビーワールドカップ2019トロフィーツアーの日程はhttps://www.rugbyworldcup.com/trophy-tour-japanをご覧ください。