ラグビーワールドカップ2019日本大会のオフィシャルスポンサーに大成建設が決定

ワールドラグビーは大成建設株式会社がラグビーワールドカップ2019™日本大会のオフィシャルスポンサーに決定したことを発表いたしました。

ワールドラグビーは大成建設株式会社がラグビーワールドカップ2019™日本大会のオフィシャルスポンサーに決定したことを発表いたしました。

 

総合建設会社である大成建設は、本大会の試合会場となっている多くのスタジアム建設に携わってきた実績をもち、ラグビーワールドカップ2019™日本大会の実施と成功に多大なる貢献を果たしてくれる存在となります。

 

ワールドラグビ ビル・ボーモント会長コメント

「大成建設株式会社を、オフィシャルスポンサーとしてラグビーワールドカップ2019のスポンサーファミリーに迎えられることをとても嬉しく思います。

日本にて長きに渡る歴史をもつ大成建設がこの記録的な商業ポートフォリオに加わることは、本大会の素晴らしい名声を意味するだけでなく、かつてないほど好調なチケット販売、広域にわたるテレビ放送ならびに数多くのデジタルメディアでの言及等によって、過去に例をみないほどの人気を博す大会へと発展を続ける本ラグビーイベントの可能性を大きく広げてくれることでしょう。」

 

 

大成建設株式会社 代表取締役社長 村田誉之(むらた よしゆき)のコメント

「この度は、世界中が注目するワールドカップラグビーのオフィシャルスポンサーとして参画できることを、大変光栄に思います。世界各国の選ばれしラガーマンが集い、国を代表して戦い、人々に大いなる感動を与えてくれるこの国際スポーツイベントの成功を祈念しております。」

 

 

ラグビーワールドカップ2019は、優先・一般販売で前例にないチケット購入申込数を記録し、83%以上のチケットが販売されており、開催に向けて順調に準備が進んでいます。残りわずかではありますが、アジアで初めて行われる本大会のチケットは、公式サイト(www.rugbyworldcup.com/tickets)からご購入いただけます。公式サポーターツアーや公式ホスピタリティプログラムの詳細情報も本サイトからご覧いただけます。

 

ラグビーワールドカップ2019のコマーシャルプログラムは、エミレーツ、ハイネケン、ランドローバー、Mastercard、ソシエテ・ジェネラル、DHLの6社のワールドワイドパートナーとキヤノン、TOTO、セコム、大正製薬、三菱地所グループ、NEC、ヒト・コミュニケーションズ、大成建設のオフィシャルスポンサー、ギルバート、チュードル、凸版印刷、カンタベリー、NTTドコモ、EY、新聞社、サントリー、アグレコのトーナメントサプライヤーで構成されています。