フランスが苦手に辛勝

押されっぱなしのフランスが終盤のDGで苦手アルゼンチンに逆転勝ちした。

【東京・9月21日】

フランスが苦しい試合をものにした。前半はアルゼンチンにPGで先行されたが、17、21分とバックスが巧みに防御をかいくぐってパスをつなぎ、CTBガエル・フィクーが左隅に、SHアントワーヌ・デュポンが右隅に押さえ、ともにゴールも決めて14━3とリード。さらに29、40分とSOロマン・ヌタマックが左中間から2PGを加えて前半を20━3とリードした。

だがここ数年、フランスと互角の対戦成績を残しているアルゼンチンは後半に猛反撃。2分に右隅ラインアウト・モールを一気に押し込んでロックのグイド・ペッティパガディサバルがトライ。SOニコラス・サンチェスがゴールも決めて10━20と迫った。これで勢いを得ると、12分にも左隅でラインアウトを押し込み、交代出場フッカーのフリアン・モントジャがトライ。ゴールは外したが15━20と迫った。さらにフランスを自陣に押しやり続け、20、28分と交代出場のSOベンハミンマリア・ウルダピジェタが連続PGを決めて21━20と逆転した。

だが、押されっぱなしだったフランスは29分、交代出場のカミーユ・ロペスがポスト正面から得意とするDGに成功。23━21で辛くも逆転勝ちした。

RNS go/kf