アルゼンチンWTBに警告処分

試合中の不正行為でアルゼンチンWTBモロニに警告処分が科された。 モロニに警告

【東京・9月22日】ワールドカップ日本大会のマレー・ホワイト・サイティングコミッショナーは22日、試合中に不正な行為があったとしてアルゼンチンのWTBマティアス・モロニに対し、警告処分を科した。

モロニは21日の1次リーグC組のアルゼンチン戦の終了間際、相手選手の髪を引っ張ったとして今回の処分となった。イエローカード累積の対象となる。

RNS mi/dgi

 

Click here to view the tournament disciplinary process >> 

Click here to view the disciplinary process video >>