試合会場への食品の持込禁止物規制緩和について

ラグビーワールドカップ2019日本大会試合会場でご観戦予定の皆様へ。これまで設定してきた会場内への持込禁止規制において、一部の規制を緩和することを決定しましたので、お知らせいたします。

ラグビーワールドカップ2019日本大会試合会場でご観戦予定の皆様へ


公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、これまで設定してきた会場内への持込禁止規制において、一部の規制を緩和することを決定しましたので、お知らせいたします。

 

開幕戦以降、非常に多くのご観戦者にご来場いただき改めて御礼申し上げます。

現在、一部試合会場内の食品販売店舗において、商品が売切れとなるなど、ご来場者の需要にお応えできない状況が発生していることから、会場を訪れる皆様に、より快適な観戦環境を提供するため、持込禁止物の内、食品についての規制を緩和することといたしました。

緩和の対象は、食品(個人で消費できる程度の量)に限り、飲料についてはこれまで通り持込禁止となります。尚、全ての会場に無料の給水所をご用意しておりますので、ご利用ください。

 

ラグビーワールドカップ2019日本大会は、引き続き最高の試合環境と観戦環境の準備に努め、皆様のご来場をお待ちしております。

 

◆規制緩和の対象日:9月23日(月)以降の全ての試合(※)

◆規制緩和の内容 :食品全般(個人で消費できる程度の量の持ち込みを可とする) 

 飲料はこれまで通り持込禁止です。

 

※9月23日(月)ウェールズ v ジョージア(豊田スタジアム 19:15キックオフ)より適用。

 

 

――個人で消費出来る程度の量とはどのくらいを指すのか?

ご自身や同行者で消費出来る量です。ただし販売は禁止しております、販売目的で持ち込まれていることが確認出来る場合は廃棄または会場から退場いただきます。

 

――持ち込む食べ物の容器について何か制限はあるか?

チケット規約に定められているとおり、ガラス瓶、ガラス容器、アルミ製・スチール製の容器などでの持ち込みはお断りさせていただいております。

 

――飲料(酒類・ソフトドリンク)についての持ち込みも緩和されるのか?

飲料については、引き続き持ち込み禁止とさせて頂いております、試合会場内の給水所で水を無料配布しているので、そちらのご利用をお願いいたします。

 

――どの試合から食べ物持ち込みは緩和されるのか?

9月23日(月)ウェールズ v ジョージア(豊田スタジアム 19:15キックオフ)以降の全ての試合を対象として緩和されています。

 

――どのようなメーカーの食べ物でも問題ないのか?

メーカーを問わず、お持ち込みいただけます。

 

――外の看板や配布物(ベニューガイド等)で持ち込み禁止と書いてあったが、どちらが正しいのか?     

今回の規制緩和は、9月23日、午前11時に発表されたものです。看板などの表示については可能な限り修正を行っていますが、一部従来の表記が残っている可能性もございます、申し訳ありませんがご了承ください。

 

――ジュースを凍らせたものや、シャーベット状にしたものは、持ち込み可能でしょうか?      

ソフトドリンクを凍らせたもの、シャーベット状にしたものについては、持ち込みはお断りしております。

 

――ポテトチップス等のスナック類は持ち込み可能でしょうか?

個人で消費出来る程度の量であれば持ち込みいただけます。

 

――なぜ飲料が持込できないのか?

ラグビーワールドカップやラグビーの国際大会のポリシーに順じるもので、会場内での投げ込み、危険物の持込等の場内保安の観点、及びステークホルダーの権利保護の観点から持込禁止とさせていただいています。

 

 

なお、飲料の持ち込みは禁止されていますが、例外的に医療目的の持ち込みについては、試飲の上、認められます。

容器の材質は問いませんが、可能であればプラスティック製のものをご使用いただくようお願いいたします。

※危険防止のため、ビン・缶等での持ち込みは禁止しております。

  

公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会