ボーナス点欲しいサモア戦の日本

2戦2勝でもボーナス点を落とせば窮地も

【東京・10月4日】W杯日本大会は1次リーグ前半戦を終え、各チームのベスト8を目指す戦いが佳境を迎えているが、3日までの結果に基づいて明日までの試合を視野に入れ、現時点で想定できる各組のシナリオをまとめてみた。

A組(アイルランド、スコットランド、日本、ロシア、サモア)
<日本vサモア(5日)>
サモアはもし負けてボーナスポイント(BP)も獲得できなければ、決勝トーナメントに進出できない。逆に日本はBP付きで勝てば、ベスト8入りが大きく近付く。ロシアは1次リーグでの敗退が決定。

B組(ニュージーランド、南アフリカ、イタリア、ナミビア、カナダ)
<南アフリカvイタリア(4日)>
イタリアがベスト8に入るには、勝つか、引き分けてもBPを獲得し、かつ南アフリカがBPなしが条件。

C組(イングランド、フランス、アルゼンチン、米国、トンガ)
<イングランドvアルゼンチン(5日)>
イングランドは、勝てば決勝トーナメント進出が決定。米国とトンガは、アルゼンチンがBP付きで勝てば敗退が決まる。

D組(オーストラリア、ウェールズ、ジョージア、フィジー、ウルグアイ)
<オーストラリアvウルグアイ(5日)>
ウルグアイは次の場合にベスト8入りを逃す:この試合にBPなしで負けるか、BP付きで負けてもオーストラリアがBPを稼いだケース。

RNS bdj/rb/sl/djk/sw/mk/kf