3勝目の日本が決勝Tへ大きく前進

サモアにボーナス点付き快勝でA組首位へ

【豊田・10月5日】ラグビーW杯1次リーグA組の日本―サモアは5日、豊田スタジアムで行われ、日本が38-19で勝って3勝目をマークし、初の決勝トーナメント進出へ大きく前進した。4トライを重ねた日本は、ボーナス点を加えた勝ち点5を挙げて勝ち点を計14点に伸ばし、A組首位に立った。

前半を16ー9でリードした日本は、後半13分にモールを押し込んで姫野和樹がトライ。後半35分にも福岡堅樹が2試合連続のトライを決め、田村優が計4PGを決めて着実にリードを広げた。

RNS kf/hh