日本、初の準々決勝へ

強敵のスコットランドに快勝

【横浜・10月13日】アジアで初の大会で、アジアの盟主・日本が悲願の準々決勝初進出を果たした。8強の座を競り合った強敵スコットランドの猛追を28ー21で振り切り、1次リーグA組で4戦全勝を果たして堂々と勝ち上がった。

日本は開始6分にスコットランドに先制トライを許したが、蹴らずに徹底的に、意欲的に左右幅いっぱいにボールを散らせてよく攻め続けた。17分にWTB福岡堅樹のタッチ際の力走をサポートしたWTB松島幸太朗が左中間に自身、今大会5本目となる同点のトライ。さらに果敢に、軽快に左右に散らせ、25分にはプロップ稲垣啓太、39分にも左隅へのゴロキックを追走した福岡が俊足を飛ばしてトライを奪った。

完全に相手を振り回した日本は、後半2分にもタックルから相手ボールをもぎ取った福岡が中央から快走して自身2本目、3試合連続となるトライを決めた。4トライの連取で28ー7と予想外の差をつけた。ここからは懸命に反撃するスコットランドの猛反撃を浴びた。ゴール前に攻め込まれた9、14分にウィレム・ネル、ザンダー・フェーガーソンとプロップ勢のパワーでゴールを割られた。28ー21と迫られたがスタンドの「ニッポン! ニッポン!」の大声援を背に耐え抜いた。直後に相手ゴール前に居座った21次に及ぶ攻めは生かせなかったが、終了間際のスコットランドの攻めを必死にしのぎ切って大金星を手にした。前回大会で唯一の黒星を喫した相手に雪辱した。

「実に万全な準備ができた。これまでも毎回しっかり仕上げてきたが、今日は格別だった」とジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ。「勝ちたいという気持ちがスコットランドを上回ったのだと思う。ベテランも若手も150パーセントの力を出し切った。それこそが勝ちにつながり、こうした景色をつくり出す」と会心の勝利を振り返った。

2トライを挙げてプレイヤーオブザマッチに選ばれた福岡も「本当に、このときのために、全ての時間を犠牲にして頑張ってきて最高」と感無量だった。

1991年のW杯での対戦以降、スコットランドに7連敗を喫したが会心の勝利で恨みを晴らした。ちなみに1989年の対戦で日本が勝っているが、スコットランド側は正規のテストマッチとは認めていない。

スコットランドは開始6分にポスト前ラックからサイドを破ったSOフィン・ラッセルが先制トライ。これを弾みに攻勢に出るかと思われたが、細かく素早いパスを散らせる日本の前に流れをつかみ切れなかった。後半2トライで追い上げたが日本の堅守にイライラで、思うように攻めきれなかった。ボーナス点付きで日本を破れば、8強入りだったが、2011年大会に次いで1次リーグ敗退となった。

1次リーグの全日程を終了。準々決勝は10月19日にイングランドーオーストラリア、ニュージーランドーアイルランド、20日にウェールズフランス、日本ー南アフリカの組み合わせで行われる。

RNS go/hh/go/hh