また「快速」を世界に見せた福岡

初スタメンで2トライ挙げた日本自慢のWTB

【横浜・10月13日】追いすがるスコットランドを突き放す2トライを挙げ、プレイヤーオブザマッチに選ばれたWTB福岡堅樹。足にテーピングをしながらも、異次元のスピードでピッチを駆けめぐり、日本をベスト8に導いた。

「日本のラグビーの新しい歴史をつくれて最高」と福岡。3試合連続でのトライについて「自分自身、初スタメンで勢いを与えるプレーができてよかった」と振り返った。

トライを決め、ボールを頭上高く投げ上げて喜びを爆発。松島幸太朗と組む俊足WTBのトライにチームメートも、ファンも沸きに沸く。

準々決勝では、あの南アフリカと当たる。「やってきた全てを出し切りたい」と興奮冷めやらなかった。

RNS mn/hn/hh