チケットは公式サイトでご購入ください

ラグビーワールドカップ2019組織委員会は16日、今大会決勝トーナメントの試合観戦を確実にするため、チケットの購入は公式チケットサイト経由でのみで行うように促す声明を発表した。

【東京・10月16日】ラグビーワールドカップ2019組織委員会は16日、今大会決勝トーナメントの試合観戦を確実にするため、チケットの購入は公式チケットサイト経由でのみで行うように促す声明を発表した。

・ラグビーワールドカップ決勝トーナメント各試合のチケットは多くの需要があるが、ファンの皆様には公式チケットサイト(https://tickets.rugbyworldcup.com)のみでご購入いただくようお願いします。

・公式チケットサイトで購入した決勝トーナメントのチケットを転売したい場合は、安全で便利な公式リセールサービス(https://tickets.rugbyworldcup.com)をご利用ください。

・会場の席割の適正化や、大会のスポンサー企業や参加各国の協会からの返還などによって、新たなチケットが数量限定で公式チケットサイト(https://tickets.rugbyworldcup.com)を通じて売り出されています。

・非公式ルートを通じて購入したチケットを持っているファンは会場への入場を拒否される可能性があります。

 素晴らしいプール戦を展開したラグビーワールドカップ2019のチケットは、今年のスポーツイベントとしては絶対手に入れたいプレミアムなものになっています。今大会は世界中のラグビーファンを魅了する一方、国内でも数多くのファンを虜にしています。

迫る決勝トーナメントの開始を前に、チケット需要はうなぎ上りになっており、それに伴ってチケット詐欺や偽造券の販売、非公式サイトを通じた売り出しなどが発生しています。その結果、非公式ルート経由で買ったチケットを持ったファンが会場への入場を拒否されるケースも出ています。

こうした例は、問題なく観戦を楽しんだ各試合の数万人に及ぶファンに比べれば少ない数ですが、準々決勝、準決勝、3位決定戦、決勝と進むにつれ、不正行為は増えることが予想されます。

一生に一度のラグビーワールドカップ観戦が入場拒否によってダメにならないよう、チケットは公式ルートのみで購入するか(ルートが公式ものかどうかはhttps://www.rugbyworldcup.com/buy-officialで確認できる)、公式リセールサービス(https://www.rugbyworldcup.com/tickets)経由でのみ転売するようにお願いします。

会場の席割の適正化や、大会のスポンサー企業や参加各国のラグビー協会から返還、公式リセールサイトを通じた転売で生じた数量限定の新たなチケットが公式チケットサイト(https://www.rugbyworldcup.com/tickets)に追加されています。追加販売分は試合開始の2日前まで購入できます。

ラグビーワールドカップ2019組織委員会の嶋津昭事務総長は、「チケットへの需要が非常に大きく、非公式のルートを通して購入を試みる人が出るかもしれません」と指摘する一方、「そうした行為は非常に高いリスクをはらんでいることをご理解いただきたいと思います。非公式のルートを通して購入したチケットで入場を拒否される人がひとりでも出ることは我々が望むことではありません」と述べました。

ワールドラグビーのビル・ボーモント会長も、「ラグビーワールドカップは是非とも見てもらいたいイベントであり、すべてのファンの経験が良い思い出となるようにするのがわれわれの優先事項です。従って、このトーナメントに参加を計画しているすべてのファンに対し、公式ルートで購入した入場券以外での入場券では入場は拒否されることを知らせることは重要なことです」と語りました。

特定の試合の入場券の購入を希望するファンへの別の選択肢として、ラグビーワールドカップ2019公式サポーターツアーとホスピタリティプログラムを通してのものです。RWC2019の認定旅行業者が提供する入場券を含むツアーが大きな人気を呼んでおり、大人気の試合への入場券も残っています。一方、ウェブエリス・スイートや私的なおもてなしスイートはすでに売り切れですが、試合日ホスピタリティ・オプションはまだ入手可能です。

詳しくは

www.rugbyworldcup.com/supportertours

及び

www.rugbyworldcup.com/hospitality

にアクセスして下さい。

個別にプリントされたチケット、スタジアムとチーム・パックバンドル、あるいは購入者本人がプリントしたe-チケットとして出されたチケットについては、ファンの皆様にはそうしたチケットでの入場に関する情報を調べ、入場可能なことを確認して下さい。独自印刷用のe-チケットに関しては、試合会場への到着のかなり前に印刷するように強く勧めます。試合当日の会場付近のモバイルやWi-Fiの環境を保証することができないからです。

ファンの皆様には多言語アプリ、ツイッター及びツイッターが扱う最新の旅行、天候と会場情報の@Japan2019_JPNを含むデジタルプラットフォームを通して、ファンゾーンや公式商品取扱店を含むラグビーワールドカップ2019の最新情報のご確認をお願いします。