南アが日本を前半5-3でリード

注目の準々決勝は激闘の様相に

【東京・10月20日】日本と南アフリカの準々決勝は大接戦。南アが5-3でリードし、前半を終了した。

南アは開始4分、スクラムのブラインドを突いたWTBマカゾレ・マピンピのトライで先制。さらに大型フォワードの当たりを軸に攻め立てた。

だが、日本がよく対抗。14分過ぎからよく相手陣へ攻め込み、20分にSO田村優のPGで3点を返した。優勝候補の強敵によく食い下がっている。

RNS go/hn/mi