チームオブザイヤー、コーチオブザイヤー候補を発表

栄誉あるワールドラグビー・チームオブザイヤー、コーチオブザイヤー候補が発表され、チームではイングランド、南アフリカ、ウェールズ、ニュージーランドの4強とともに日本もリストアップされた。

【東京・10月31日】ラグビーワールドカップ2019のフィナーレを世界中が心待ちにする中、ワールドラグビー・チームオブザイヤーとコーチオブザイヤー候補が発表された。

ラグビーワールドカップ2019で準決勝に進出した4チームとそのコーチがすべて候補となったほか、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチの指揮で初めて準々決勝に進出して国中を湧き立たせ、世界中のファンを魅了した開催国日本も候補に入った。

これらの候補は、元代表選手のマギー・アルフォンシ、ブライアン・オドリスコル、アウグスティン・ピチョット、それに元コーチのニック・マレットとクライブ・ウッドワードから成るパネルが選出した。ウッドワードはラグビーワールドカップ2003でイングランドを優勝に導き、シドニーで行われた決勝戦で栄冠を手にした。同年のワールドラグビー・コーチオブザイヤーを受賞している。

今年の受賞者は、11月3日に東京のプリンスパークタワーで開かれるワールドラグビーアワードで発表される。

ワールドラグビーアワードはファンも同日(日曜日)、日本時間午後5時50分(GMTプラス9時間)からライブ中継を www.world.rugby で視聴できる。

 ワールドラグビー・チームオブザイヤー候補

イングランド

12年ぶりとなるラグビーワールドカップ決勝戦進出は、オーストラリアとニュージーランドを2試合続けて印象的なゲームの末下すという奮闘の結果としてもたらされた。両強豪を1大会で破ったのは史上2チーム目。今年の6カ国対抗は2位。優勝したウェールズは、今年のテストマッチ14試合で唯一破れたチーム。それも2度。こうした一連の結果でイングランドは、ワールドラグビー男子ランキングのトップに2004年6月以来初めて立った。

日本

ラグビーワールドカップ日本大会で、ブレーブ・ブロッサムズはそのテンポの速いプレースタイルと素晴らしい勇気で日本中を魅了し、初の準々決勝進出を果たした。1次リーグでアイルランドとスコットランドに勝利した結果、一時、ワールドラグビー男子ランキングで過去最高の6位に浮上した。ここ1年間はワールドラグビー・パシフィックネーションズカップで優勝したほか、テストマッチ9試合で2回しか敗れていない(ともに南アフリカ戦)。

ニュージーランド

この賞を10回受賞しているニュージーランドは、今大会の準決勝でイングランドに敗れてワールドカップ3連覇の望みを断たれるまで、南アフリカやアイルランドを破った印象的な試合を含め、ラグビーワールドカップで18連勝と史上最長の連勝記録を達成した。オールブラックスは、2019年のテストマッチ10試合で7勝を挙げている。ラグビーチャンピオンシップのタイトルを奪われ、ランキング首位の座も明け渡したが、17年連続でブレディスローカップを獲得した。

南アフリカ

ラグビーチャンピオンシップの優勝チームであり、敗戦を喫しながら(ニュージーランドとの1次リーグB組初戦)ウェブ・エリス・カップを獲得する最初のチームになれば、ラグビーワールドカップの新たな歴史をつくることになる。この13-23という結果は、今年のテストマッチ11試合のうち唯一の敗戦であり、この試合を除くと9勝1引き分け。スプリングボクスは、2007年大会以降初となる決勝進出を決め、ワールドラグビー男子ランキングでおよそ4年ぶりに2位へ上昇した。

ウェールズ

ウォーレン・ガットランドにとってウェールズ監督として最後の年となったこの1年は、6カ国対抗で全勝優勝を成し遂げたほか、1987年以来初めてラグビーワールドカップでオーストラリアを破り、ワールドラグビー男子ランキングでチーム史上初の1位に輝くなど記憶に残るものとなった。初のワールドカップ決勝進出は逃したが、過去最高タイの3位と、テストマッチ16試合で12勝という成績でこの1年を終える可能性を残している。

 ワールドラグビー・コーチオブザイヤー候補

ラッシー・エラスムス(南アフリカ)

ラッシー・エラスムスが南アフリカに戻った時、スプリングボクスのヘッドコーチに就任する意志は持っていなかったかもしれないが、冷静に役割をこなしている。明敏な戦術家で、チームをまとめ上げて結果を出しているのが印象的。今年、南アフリカはラグビーチャンピオンシップのタイトルを獲得し、ラグビーワールドカップ2019ではプールステージのオールブラックスに対する敗戦から立ち直り、決勝へと進んだ。

ウォーレン・ガットランド(ウェールズ)

ウェールズのヘッドコーチとして12年目にして最後の年となる今年、ウォーレン・ガットランドは第2の祖国とも言うべきこの国の代表チームを欧州6カ国対抗でグランドスラム(全勝優勝)へと導き、オーストラリアに対して32年ぶりとなるラグビーワールドカップでの勝利をもたらした。ウェールズの6カ国対抗でのグランドスラムは、ガットランド指揮下で3度目となる。その過程でウェールズは、ワールドラグビーの男子ランキングで初の1位になった。ラグビーワールドカップ準決勝の南アフリカとのゲームは選手のけがの影響を受けたが、この12カ月の間に成し遂げられた素晴らしい成果を損なうことはない。

スティーブ・ハンセン(ニュージーランド)

RWC2019年後に退任するコーチの一人。この賞をこれまでに4度受賞しているハンセンは、グレアム・ヘンリー前監督の後を継いで2011年に就任して以来、卓越した才能でニュージーランド代表を率いた。ハンセンは今年、オールブラックスに17年連続でブレディスローカップをもたらし、ラグビーワールドカップ2019では、準決勝で強じんなイングランドのパフォーマンスに遭遇したものの、南アフリカとアイルランドを破るなど印象的な戦いぶりを披露した。

エディー・ジョーンズ(イングランド)

この賞の2017年の受賞者であるエディー・ジョーンズは、批評家たちに対して、ラグビーワールドカップ2019でのイングランドチームを見て彼と彼のチームを評価するよう訴えかけていた。そして、オーストラリア人であるジョーンズは、ここまでその言葉通りの成績を収めている。2月にダブリンで行われたアイルランドとの試合で予兆は現れていたが、日本においてイングランドのチーム力が最高潮に達した。ジョーンズのチームは、オーストラリアとニュージーランドに快勝してファイナルまで勝ち上がって来たが、この2つの強豪をワールドカップ1大会で下したのは、南アフリカが1995年にウェブ・エリス・カップを掲げる過程で成し遂げて以来となる。

ジェイミー・ジョセフ(日本)

開催国の日本はラグビーワールドカップ2019で、初めて準々決勝に進出して歴史をつくり、その過程で多くの批評家とファンの心をつかんだ。穏やかな性格の日本代表ヘッドコーチ、ジェイミー・ジョセフは、選手たちの技術とスピードに信頼を置いた。そして、ブレーブ・ブロッサムがアイルランドとスコットランドのゲームで見せたそれらの要素は、長く記憶に残ることだろう。ジョセフはまた、日本を3度目のワールドラグビー・パシフィックネーションズカップ制覇へと導き、ホスト国の期待をより高いものとした。

ワールドラグビー会長のビル・ボーモント卿のコメント:

「この1年は、男女の15人制と7人制ラグビーにとって本当に素晴らしい年になりました。そしてこの候補者リストは、この1年間にラグビー界の最高の舞台で成し遂げられた優秀な成果を反映するものです」

「ラグビーワールドカップ2019の胸躍るフィナーレと、ラグビーを通じた友情、団結、卓越性を祝福するにふさわしい場であるワールドラグビーアワードを控えて、選考結果すべてをお祝いいたします」

同賞はワールドラグビーの12の賞の一つ。他には、男女それぞれの15人制プレーヤーオブザイヤー(年間最優秀選手)、ブレークスループレーヤーオブザイヤー(年間最優秀新人賞)World Rugby Breakthrough Player of the Year、男女それぞれのセブンズプレーヤーオブザイヤー(7人制ラグビー年間最優秀選手)World Rugby Men’s and Women’s Sevens Player of the Year 、アワード・フォー・キャラクターなどがある。

各賞の選考委員について詳しくは www.world.rugby/awards/voting-panel

ワールドラグビーアワードについて詳しくは www.worldrugby.org/awards

過去のワールドラグビー・チームオブザイヤー受賞者 

2018 - アイルランド

2017 - ニュージーランド女子15

2016 - ニュージーランド 

2015 - ニュージーランド

2014 - ニュージーランド

2013 - ニュージーランド

2012 - ニュージーランド

2011 - ニュージーランド

2010 - ニュージーランド

2009 - 南アフリカ

2008 - ニュージーランド

2007 - 南アフリカ

2006 - ニュージーランド

2005 - ニュージーランド

2004 - 南アフリカ

2003 - イングランド 

2002 - フランス

2001 - オーストラリア

過去のワールドラグビー・コーチオブザイヤー受賞者

2018 - ジョー・シュミット(アイルランド)

2017 - エディー・ジョーンズ(イングランド)

2016 - スティーブ・ハンセン(ニュージーランド)

2015 - マイケル・チェイカ(オーストラリア)

2014 - スティーブ・ハンセン(ニュージーランド)

2013 - スティーブ・ハンセン(ニュージーランド)

2012 - スティーブ・ハンセン(ニュージーランド)

2011 - グレアム・ヘンリー(ニュージーランド)

2010 - グレアム・ヘンリー(ニュージーランド)

2009 - デクラン・キドニー(アイルランド)

2008 - グレアム・ヘンリー(ニュージーランド)

2007 - ジェーク・ホワイト(南アフリカ)

2006 - グレアム・ヘンリー(ニュージーランド)

2005 - グレアム・ヘンリー(ニュージーランド)

2004 - ジェーク・ホワイト(南アフリカ)

2003 - クライブ・ウッドワード(イングランド)

2002 - ベルナール・ラポルト(フランス)

2001 - ロッド・マックイーン(オーストラリア)