日本代表リーチ主将、感謝のパレードでRWCインパクトを実感

ラグビーワールドカップ2019で初のベスト8進出を果たした日本代表のメンバーが12月11日、東京の丸の内で応援感謝パレードを実施。駆けつけた約5万人のファンにリーチマイケル選手はチームが与えたインパクトの大きさを実感した。

日本中を熱狂に包んだラグビーワールドカップが終了して約1ヵ月半。日本初の8強入りを遂げた日本代表の選手たちが東京の丸の内に再び集まり、大会中に受けた応援に感謝をするためにファンの前に姿を見せた。

 大会メンバー31人のうち、この日集まったのはFLリーチマイケル主将(東芝)以下、WTB松島幸太朗選手(サントリー)やSO田村優選手(キヤノン)など28人。初冬の柔らかな日差しが差し込む昼下がり、紅葉で黄色く色づいた街路樹が並ぶ千代田区の丸の内仲通りのビジネス街約800メートルの区間を、駆けつけた約5万人のファンに手を振りながら、スーツ姿でゆっくりと練り歩いた。

 「今回のワールドカップで試合会場だけでなく、パブリックビューイングやテレビの前、海外からも日本代表に熱い応援を下さったファンの皆様に感謝しています」とリーチ主将が挨拶した。

沿道を埋め尽くしたファンからは「ありがとう」の掛け声がかかり、通り沿いのオフィスビルの窓からも多くの人が手を振り、スマートフォンで選手の姿を撮影しようと身構える。その姿は、今大会で人々に与えたインパクトを実感するには十分だったようだ。

リーチ選手は、「今日のパレードで私たちからファンの皆さまに感謝の気持ちを伝えられてうれしく思います。また、たくさんの人が来てくれたのを見て、日本中に大きなインパクトを与えられたのかなと感じました」と語った。

大勢のファンが駆けつけたことに、今回が自身3度目のワールドカップだったHO堀江翔太選手(パナソニック)は「3大会に出ているが、こんなことは初めて」と驚いた様子を隠さない。SH田中史朗選手(キヤノン)は歩きながら涙を流し、「たくさんの子供たちが『ありがとう』と言ってくれるのが、すごくうれしい」と感激した様子だった。

日本代表メンバーは大会後にオフを取りながらも、田中選手ら何人かの選手たちはメディアに精力的に登場。大会で火がついた日本のラグビー熱をキープする努力を続けてきている。そこには、年明けの1月12日に開幕する国内リーグのトップリーグをはじめとする今後の大会へ、ファンの関心をつないで、ラグビー人気の定着を図りたいという思いが滲む。

リーチ主将は、「今大会では目標のベスト8を達成しましたが、今後は次の大会に向けて、さらに上を目指して新しい挑戦をしないといけません」とコメント。日本代表としてのレベルアップへ決意を口にした。

 「1月に開幕するトップリーグも全員で頑張ります。今後のラグビーの応援をよろしくお願いします」

Photo: JRFU