ラグビーワールドカップ2019日本大会には20チームが出場する。RWC2015イングランド大会の各プール戦で上位3位に入ったチーム(計12チーム)は予選免除で自動的に出場権を獲得している。

残る8枠の出場権は、各地区予選または地区を越えたプレーオフや敗者復活予選によって決められる。

予選は、2015年3月5日(土)にアメリカズ・ノースチャンピオンシップ2016大会が、セントビンセント及びグレナディーン諸島(通称セントビンセント・グレナディーンズ)にて開催されたことで開幕した。2018年11月に敗者復活予選が行われて、最後の出場チームが決定する予定である。

RWC2019日本大会 予選について

  • 12チームが自動的に出場権を獲得 RWC 2015イングランド大会の各プール戦で上位3位に入ったチーム(計12チーム)は自動的に出場権を獲得。
    ニュージーランドオーストラリア南アフリカアルゼンチンアイルランドスコットランドフランスウェールズジョージア日本イングランドイタリア
  • ヨーロッパ地区予選(1枠:ヨーロッパ地区1) 2018年のヨーロッパラグビーチャンピオンシップ(ヨーロッパ選手権)でジョージアを除いた最上位のチームは「ヨーロッパ地区1」としてRWC2019 出場権を得る。ジョージアを除いた2位チームがヨーロッパ・オセアニアプレーオフ予選に出場。 ※2017年のヨーロッパラグビーチャンピオンシップにはジョージアルーマニア、スペイン、ロシア、ドイツ、ベルギーが出場。
  • オセアニア地区予選(2枠:オセアニア地区1、オセアニア地区2)2016年~2017年にわたって実施されるパシフィックネーションズカップの上位2チームであるフィジーが「オセアニア地区1」として、トンガは「オセアニア地区2」として、RWC2019出場権を得た。3位になったサモアヨーロッパ・オセアニアプレーオフ予選に出場。
  • ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ予選(1枠:ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ1) 2018年、ヨーロッパ地区予選2位チームと、パシフィックネーションズカップ3位チームであるサモアが対戦。勝利チームが「ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ1」としてRWC2019 出場権を獲得。敗退チームは敗者復活予選に出場。
  • アメリカ地区(2枠:アメリカ地区1、アメリカ地区2) 2017年、カナダアメリカがホーム&アウェー方式で対戦して、勝利チームであるアメリカが「アメリカ地区1」としてRWC2019の出場権を得た。敗退チームであるカナダは、2017年のアルゼンチンを除いた南米トップチームであるウルグアイと、2018年に対戦する。勝利チームは「アメリカ地区2」としてRWC2019の出場権を得る。敗退チームは敗者復活最終予選に出場。
  • アフリカ地区(1枠:アフリカ地区1)2018年のアフリカカップ優勝チームが「アフリカ地区1」としてRWC 2019出場権を得る。2位になったチームは敗者復活最終予選に出場。 ※2018年のアフリカカップのゴールドカップにはナミビア、ケニア、モロッコ、チュニジア、ウガンダ、ジンバブエが出場予定。
  • アジア・オセアニア地区のプレーオフ 2018年のアジアラグビーチャンピオンシップで日本を除いた最上位のチームが、ホーム&アウェー方式でオセアニアカップ優勝チームであるタヒチと対戦。 勝利チームは敗者復活最終予選に出場。 ※2017年のアジアラグビーチャンピオンシップには日本、香港、韓国が出場。
  • 敗者復活予選(1枠:敗者復活予選優勝チーム) 各地区から敗者復活予選に出場する4チームが総当たり制で対戦。優勝チームが「敗者復活予選優勝チーム」としてRWC2019の出場権を得る。