World Rugby

言語を選択

English
  • English
  • Français
  • Español
  • 日本語
02
03
27
メニュー

ラグビーワールドカップのサイトにあるクッキー

当会のウェブサイト上のクッキーはユーザーへのサービスを改善するために使用されます。クッキーは、ウェブサイトを作動させ、より効率的に機能させる、ウェブサイトの所有者に情報を提供するために広く使用されています。当会のCookies Policyをご覧ください。もしもあなたのクッキー設定を変更せずにウェブサイトをご使用なさる場合、当会のクッキーポリシーの欄にあるクッキーの削除に関する情報をお読みください。

このサイトでのクッキーを受諾する

ラグビーワールドカップ2019 プール組分け抽選会

抽選会が終了してプールが決定。あなたが応援しているチームはどのチームと対戦しますか?

#RWC2019

ワールドワイド パートナー

Pool A

Ireland

Scotland

Japan

Europe 1

Play-off winner

Pool B

New Zealand

South Africa

Italy

Africa 1

Repechage winner

Pool C

England

France

Argentina

Americas 1

Oceania 2

Pool D

Australia

Wales

Georgia

Oceania 1

Americas 2

オフィシャルスポンサー

ラグビーワールドカップ2019 ニュース

ニュースをもっと見る
  • RWC 2019 ラグビーワールドカップ2019プール組分け抽選会 終了後の記者会見-プールA

    ラグビーワールドカップ2019日本大会プール組分け抽選会が行われました。プールAは、アイルランド、スコットランド、日本、ヨーロッパ地区1、ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ1です。既に出場権を獲得している3チームの代表者に心境をお伺いしました。Q&A(抜粋)形式でお届けします。

    • 10/05/2017 13:16
  • RWC 2019 ラグビーワールドカップ2019、魅力的なプール組み合わせに

    2019年ラグビーワールドカップのプール組み合わせ抽選会が行われ、開催国日本はプールA、前回大会優勝のニュージーランドは南アフリカと共にプールB、イングランドはフランス、アルゼンチンと同じプールC、オーストラリアはウェールズとプールDで同組になりました。

    • 10/05/2017 06:29
  • RWC 2019 ラグビーワールドカップ2019日本大会への道 ― 各地区の予選プロセス

    東京から1万4千キロ余りにあるキングスタウン。2016年3月5日に行われた、セントビンセントおよびグレナディーン諸島がジャマイカと2016年ラグビー・アメリカズノース・チャンピオンシップ開幕戦で対戦。それが2019年ラグビーワールドカップ日本大会への道の始まりでした。

    • 09/05/2017 06:00
  • RWC 2019 ラグビーワールドカップ2019アンバサダーにラグビー元日本代表 廣瀬俊朗氏が就任

    ラグビーワールドカップ2019組織委員会では、ラグビーワールドカップの魅力を伝え、2019年の日本大会に向けた盛り上げを図るため、元日本代表選手の方々にラグビーワールドカップ2019アンバサダーにご就任いただき、PR活動にご協力いただいております。この度新たに、ラグビーワールドカップ2015イングランド大会の日本代表メンバーである廣瀬俊朗氏に、ラグビーワールドカップ2019アンバサダーにご就任いただきましたので、お知らせします。

    • 08/05/2017 10:06

最新のツイート

    #RWC2019へのカウントダウンはここから始まる!

    チケット情報を最初に受け取ろう

    無料メルマガ登録はこちら